天童木工 柳宗理デザイン バタフライスツール / Butterfly Stool

1954年に発表された柳宗理の代表作。

日本を代表するデザインとして、国内だけでなく海外でも高く評価されている天童木工のスツール。

2枚の成形合板を組合せたシンプルな構造は、蝶が飛んでいるイメージのデザインで、このスツールの名前にもなっています。

天童木工 柳宗理デザイン バタフライスツールS-0521RW-STローズウッド板目 Butterfly Stool/新品 NEW

製造メーカー:天童木工

サイズ:W420×D310×H387・SH340mm

素材:ローズウッド板目

製造国:日本

デザイナー:柳 宗理

納期:受注生産(約3ヶ月)

 

¥48,600

天童木工 柳宗理デザイン バタフライスツールS-0521MP-ST メープル板目Butterfly Stool/新品 NEW

製造メーカー:天童木工

サイズ:W420×D310×H387・SH340mm

素材:メープル板目

製造国:日本

デザイナー:柳 宗理

納期:受注生産(約3ヶ月)

¥48,600

世界が認めたバタフライツール


柳宗理デザインのバタフライスツールは、蝶が羽を広げ飛んでいるかのようなフォルムがその名の由来となっています。

 

正面からのフォルムが「天」という漢字や神社の鳥居を連想させ、いかにも日本的な情緒も持ち合わせている点も特徴です。

 

同一の成形合板を2枚左右に組み合わせ、1本の金属棒で連結するというシンプルな構造のこのスツールは、1956年発売以来、日本を代表するデザインとして、国内はもちろん、海外でも非常に高い評価を受けています。

 

現在は、世界各国の著名な美術館に収蔵されており、ニューヨーク近代美術館(MOMA)や、パリのルーブル美術館ではパーマネントコレクション(永久所蔵品)として選定されている世界が認めたメイドインジャパンのバタフライスツールです。

 


製造:天童木工株式会社

山形県天童市にある日本の家具メーカー。

 

日本で最初に、成形合板を用いた家具の量産製造を開始、日本人デザイナーの柳宗理、剣持勇とのコラボレートにより、ジャパニーズ・モダンを代表する名作家具を数多く製作し続けています。

 

デザイナーの想いと、素材である木の特性と可能性を掛け合わせ、クオリティが高く、長く使い続けることができる家具をという確かな信念と技術がうかがえます。

 

同じ型の2枚の成型合板を2本のボルトと1本の金属棒で組み合わせたシンプルな構造。

もともと畳の上で使用できるようにと考案されているため、畳を傷つけないように床と接する脚の先端は緩やかな曲線になっています。

 

左右シンメトリーなフォルムは、繊細で軽やか、家具ではありますが芸術作品のような優美さを醸し出しています。

裏には天童木工のブランドシール「 Tendo 」がしっかり貼られています。


柳 宗理

1915年に東京に生まれる。東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、1942年に坂倉準三建築研究所に入社。

1950年に財団法人柳工業デザイン研究所を設立する。その後バタフライスツールの原型をデザインし、それから数年間の研究開発を経て、

1956年に銀座・松屋で開催された柳工業デザイン研究会展で発表された。

1958年には、バタフライスツールがニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定されている。

1977年、父である柳宗悦氏の設立した日本民藝館の館長に就任。2002年には文化功労賞を受賞。


天童木工 柳宗理デザイン バタフライスツール Butterfly Stool

製造メーカー:天童木工

サイズ:W420×D310×H387・SH340mm

素材:ローズウッド板目

製造国:日本

デザイナー:柳 宗理

納期:受注生産(約3ヶ月)

¥48,600

  • 2.2 kg
  • 在庫あり
  • 配送期間:新品ご希望の場合は、メーカーへオーダーの為、詳細をご確認ください。