日本唯一の曲木家具メーカー国産ブランド秋田木工akimoku家具通販専門店

100年以上の歴史、日本で唯一の曲木にこだわる家具メーカー。

秋田県湯沢市に100年以上の歴史をもつ家具メーカー秋田木工(あきたもっこう)があります。

秋田木工では、日本で唯一無垢材の曲木(まげき)家具を作っています。

元々曲木とは、ドイツ人のミヒャエル・トーネットが発明したものです。

1901年に日本に伝わり、曲木と相性の良いブナやナラの豊富な秋田県湯沢市に、秋田木工製作所が設立されました。

日本を代表する剣持勇、柳宗理などの著名なデザイナーとのコラボレーションや、

数多くの商品がグッドデザイン賞に選定されています。

秋田木工は日本唯一の無垢材の曲木家具メーカー

曲木(まげき)とは

木材を高温で蒸したり、煮沸して材料に力を加えて変形させたあと、

鉄の金型にはめてそのまま乾燥させ成形します。

この様に加工された木は元の形に戻らない性質があります。曲木はこの性質を用いて作成されます。

この技術によって美しい曲線を描く家具が生まれるようになりました。

日本唯一の曲木家具メーカー国産ブランド秋田木工の家具の通販でお求めなら正規取扱店のBERRY-KAGUベリーファニチャーにお任せください。

秋田木工の歴史

1910年(明治43年)沓沢熊野助が秋田県湯沢駅前に「秋田曲木製作所」を設立。

1911年(明治44年)秋田県雄勝郡湯沢町字清水尻(現:湯沢市表町)に秋田木工株式会社が設立。

1958年(昭和33年)202号スタッキングスツールが「アパート生活展」へ出品。

1964年(昭和33年)剣持勇デザインの肘掛椅子(No207)がグッドデザインに選定。

1966年(昭和41年)福田友美デザインのダイニングチェア(No503)がグッドデザイン受賞。

1977年(昭和52年)柳宗理デザインの曲木鏡(No402、404)がグッドデザインに選定。

1987年(昭和62年)本社・工場が湯沢市関口(現在地)へ移転。

1991年(平成3年)剣持勇デザインのモダンチェア(No2801)がグッドデザインに選定。

2006年(平成18年)(株)大塚家具の子会社となる。

2013年(平成25年)スタッキングスツール(No202)がグッドデザイン「ロングライフデザイン賞」に選定。

100年以上続く本物志向とこだわり

秋田木工の信念は、「木が木で立っていた時よりも美しく」です。

 

曲木家具を作る工房は日本にも数社あるが、無垢材を曲げ立体的な曲木を専門とするのは秋田木工以外どこにもない。

この秋田木工のこだわりは100年以上続いています。

これは熟練の職人から若い職人へ繋ぐ歴史があって成せるものではないでしょうか。

 

そして、「時を紡いでいく色褪せない『本物』を届け続けたい」と、いう願いが

数々のグッドデザイン賞などのロングセラーの商品を生み出していすのです。

その秋田木工の職人たちは、雪深く冬の寒さが厳しい秋田の工場で日々作り続けています。

スタイリッシュでおしゃれ、座り心地、そして軽さを追及。

秋田木工の曲木椅子は、スタイリッシュなデザインはもちろん座り心地と軽さを追及しています。

 

曲木デザインのおしゃれなダイニングチェア、アームチェア、ベビーチェアなどの椅子をはじめ、

数々のデザイナーとのコラボ商品も多く

剣持勇のスタッキングスツールやコートハンガー、福田友美デザインのアームチェア、

五十嵐久枝の「magekko(まげっこ)」は、人気のひとつです。

 

また、スツールやダイニングチェアをはじめ、カウンターチェアやカフェチェアの椅子は、

座り心地はもちろん、おしゃれで軽く、カフェや飲食店様などの店舗の椅子としても数多く評価をいただいております。

 

秋田木工は、100年以上の技術力で今もなおスタイリッシュでおしゃれで軽い椅子をお届けしています。

日本唯一の曲木家具メーカー秋田木工の家具通販専門店

スツール

ダイニング&カフェチェア

アームチェア・肘掛椅子

カウンターチェア

サイドテーブル・ダイニングテーブル

ダイニングセット

ロッキングチェア・ベンチ・ベビーチェア・ハンガーラック・アクセサリー